第三十九話 ひとつもらおうかと……

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

 第三十八話のAが、25年以上前に体験した話である。
 その夜Aは、アパートの自室で、壁に背中を預け本を読んでいた。向かいにテレビがあったが、消してある。
 と、視界の端に動くものが入ってきた。白い、マルチーズのような小型犬だった。
 玄関も閉めたはずだし、窓も開けていない。「なぜ犬が?」と思っているところに、右手に別の気配を感じた。
 そちら側には押し入れがある。襖は閉めてあるが、その奥を覗うように、中年の男が立っていた。両手をポケットに入れ、上体を倒し、押し入れの下段辺りを、じっと見つめている。
 Aはぎょっとした。犬だって入ってくるはずない部屋に、なぜ見知らぬ男が、気配も感じさせずに入って来られたのか。
「な、何してるんですか!」
 なんとか声を出すと、男はそのままの姿勢で答えた。
「いや、ひとつふたつ、もらおうかと思って」
 何を? Aは思ったが、さっと頭に浮かんだのは、石だった。Aは鉱物が好きで、部屋に飾り切れない石は押し入れに入れてあった。そしてそこには、少し前に新潟県糸魚川市の海岸で拾ってきたヒスイもいくつか含まれていた。Aは咄嗟にヒスイのことだと思った。
「ダメですよ、そんなの!」
 恐怖を抑えて言うと、男の姿は消えてしまった。いつの間にか犬もいない。
 しばらく呆然としていたAだが、我に返り、押し入れにしまってある鉱物を確認してみたが、無くなったものはなかったそうだ。
 もし、石を譲っていたら、どうなったのか? それは今もわからない。

 三十九本目の蝋燭、吹き消します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十八話 犬の幽霊

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

 ある霊能者がテレビで「動物の幽霊はいない」と言っていた。この世に思いを残しているから幽霊になるのであって、人間以外の動物にはそこまでの思いはないのだという。
 でも、それは本当だろうか? 第十九話「猫の死神」に書いたが、ドブ川に落ちたところを助けてやった猫は、私にとてもなついた。また第九話の「身代りの犬」では、まるで祖母の身代りになるかのように死んだ犬のことを書いた。
 こうしたことからも、動物にも「思い」があることはわかるのだけれど。

 つい先日の話である。
 AはTSUTAYAの書籍コーナーを歩いていた。すると、棚の影に小型犬がいるのを見かけた。
 Aは犬が嫌いなわけではないけれど、お店の中に、ケースに入れていない動物を連れて入るのはいかがなものかと思った。マナーの問題である。
 白黒のパピヨンだった。かわいがられているのだろう、知らない人たちが行き交う中でも、軽くしっぽを振っている。
 よく見れば、近くに飼い主らしき人はいない。リードもつけていない。
 そこでAは気づいた。この犬は幽霊だ。Aは何度か霊を見たことがあった。10年以上そうした体験はしてこなかったが、久しぶりに幽霊を見ているのだと思った。
 犬は、透けているわけではなかったけれど、気づいて見ると異質な感じがした。立体映像を見ているような感じがしたそうだ。
 私ならじっくり観察してしまい、もしかしたら近づいてみたかもしれない。けれどAは、ちょっと怖かったそうで、近づかず、買い物を済ませて帰ってきたという。
 このTUTAYAの前は、車通りの多い道路がある。犬が轢かれる事故があっても、おかしくはない。
 急な事故で自分が死んだことに気づかず、浮遊霊となるような話はよく聞く。飼い主と楽しい散歩中に轢かれてしまい、突然のことに死んだことに気づかず、お店の中を飼い主の姿を求めてさ迷っている犬の霊を、Aは見たのかもしれない。
 霊のことは、私にはわからない。私が言えるのは、動物にも心もあれば愛もあるということだけだ。

 蝋燭三十八本目、消します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十七話 会釈を返した母子

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

「もう20年以上前の話だけど……」と、Sは語り始めた。
 当時、音響の仕事をしていたSは、地方公演のスタッフとして全国いたるところに飛び回っていた。中でも広島には何度も訪れたそうだ。
 ある時、いつもの宿が取れず、数名のスタッフがホテルに泊まることになった。Sは役者Oと相部屋になった。相部屋とは言っても、その部屋は6畳間がふたつあったので、ゆったりできると、少し嬉しかったそうだ。
 その夜、仕事が終わり、いったん部屋に引き上げたSは、強い眠気に襲われた。そんなに疲れたわけでもないのだが、知らず知らず疲れが溜まっていたのかもしれない。少し横になることにした。
 ふと気がつくと、隣の部屋から人の気配がした。隣とは襖で隔てられるようになっていたが、襖は開いていた。そこに、ふたりの人影があった。どうやら、女性と子供のようである。母子だろうか? ふたりは正座をしていて、Sの方に体を向けていた。相部屋のOは、まだ戻って来てはいないようだった。
 たまに、スタッフが部屋に客を呼ぶことがある。母子で訪れるとなると、この辺りに住むOの親戚か友人だろう。さすがに寝たままでいるのはまずいとSは思った。しかし、強い眠気のため、満足に目を開けることもつらい状態だ。
 ともかく軽く会釈をした。すると母子も、会釈を返した。それで安心して、Sは眠りに落ちた。
 翌朝、Oに「昨日、部屋に誰か呼んだ?」と尋ねたが、誰も呼んでいないし、部屋に戻ったときには寝ているS以外、誰もいなかったと言う。
 Sに会釈を返したあの母子は、いったい誰だったのか? それはわからないままである。

 三十七本目、吹き消します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十六話 曾祖母の添い寝

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

 友人Aがまだ幼いころ、母方の曾祖母、つまりひいおばあさんが存命だった。高齢のため、多くを床で過ごしていたが、寝たきりというわけではなく、それなりに元気だったそうだ。
 ひいおばあさんは娘(Aのおばあさん)には厳しかったが、初孫であるAの母、そして初曾孫であるAを、とてもかわいがっていた。Aはおばあさんの家に行った夜は、ひいおばあさんの隣の部屋で寝ていた。AとAの母、そしてAの妹と、3人で床を並べてていたのだそうだ。襖を隔てた隣の部屋から、ひいおばあさんの子守歌が聞こえてきたと言うから、愛情の深さが伺える。無論Aも、そんなひいおばあさんが大好きだった。
 元気とは言っても、高齢である。Aと過ごす時間は、長くは続かない。ある日、大往生を遂げることとなる。
 ひいおばあさんが亡くなってからも、Aは母に連れられ、おばあさんの家にときどき泊まりに行っていた。
 ある夜、いつもの部屋で寝ていたAは、目を覚ました。けれど、体が動かない。苦しくはないが、ただ体が動かなかった。
 目は動かすことができるので、隣で寝ている母を見た。すると、母が寝ているはずのところに、ひいおばあさんが寝ていた――いや、母は確かにそこに寝ている。母とひいおばあさんが重なっているのだ。こちらを向いて寝息を立てる母に、白い靄のように透けて見えるひいおばあさんが重なっていた。
 けれどAは、少しも怖くなかったそうだ。
「あ、ひいおばあちゃんだ。ひいおばあちゃんが来たんだ」
 そう思っただけだった。
 Aのひいおばあさんが、溺愛した孫と曾孫に会いに来たのだろう。それは怪異と言うよりも、自然なことに思える。

 三十六本目の蝋燭を、吹き消します。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十五話 地方公演

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

 劇団を運営しているY夫妻から聞いた話。
 その日、Y夫妻は地方公演のため、劇団員と共に車で、とある劇場に向かっていた。
 途中、嫌なものを見た。事故現場である。山道にさしかかっており、車通りは少なくなっていた。ついスピードを出しすぎてしまったのか、一台の乗用車が電柱に突っ込んでしまっていた。車の前部はV字に凹み、電柱を抱き込んでいるように見えた。かなりのスピードで突っ込んだのだろう。
 事故が起きてから、まだそう時間はたっていないようだった。外にいる人のようすから、救急車待ちであることが、なんとなくうかがえた。
 Y夫妻も劇団員も、事故車の具合から「これは亡くなってるかも……」と思ったそうだ。
 劇場に着き、リハーサルを始める。Y夫妻は何も感じなかったが、霊感の強い劇団員は「なんか、ここ、ヤな感じがする……」と言っていたそうだ。確かに、霊感に縁のないY夫妻も、ラップ音らしき音は聞いたと言う。
 ともかく、リハーサルはなんとか無事に終了。迎えた本番も、特に問題なく進行していた。
 じつはこの時の演目には、主人公が幽霊に群がられるシーンがあった。もしかしたら、劇団員の言っていた「ヤな感じ」も、目撃した事故現場とこのシーンが重なって、そんな気がしただけかもしれない。
 だが、舞台袖からようすを見ていたY夫妻は、妙な違和感を覚えた。稽古は何度も見ているし、初めての演目でもない。だからこそ感じる違和感だった。
 主人公に群がる幽霊が、ひとり多い――


 舞台は無事に終わったが、あの場面でひとり多かったことを感じたのは、Y夫妻だけではなかった。しかし本番中のことで、誰もはっきりとは確認できていない。
「やっぱり、あの事故で亡くなった人がいて、ついて来てたのかな……?」
「もともとあの劇場にいる霊かも……」
 そんなことを囁きあったそうだが、真相はわからないままだ。

 吹き消す蝋燭は、これで三十五本となりました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十四話 電話回線のドッペルゲンガー

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

ドッペルゲンガー」とは、簡単に言えば「もうひとりの自分」である。「三回見ると死ぬ」などと囁かれることもあるが、真偽のほどは定かでない。
 同僚Nは、過去2回、もうひとりの自分を感じたことがあると言う。「見た」のではなく、もうひとりのNは、電話の向こう側にいるらしい。直接話したことはなく、知人が、もうひとりの自分と話したのだそうだ。
 一度目は、娘がまだ幼稚園に通っていたころだそうだ。ママ友のYはある日、N宅に電話をかけ、「娘さんと遊びにいらっしゃいよ」と声をかけたそうだ。Nは「じゃあ、2時に行くね」と答えたそうだ。しかし、約束の時間を過ぎてもNは来ない。夕方にもう一度電話をかけたが、留守だった。
 翌日Yは、Nに直接「昨日はどうしたの?」と尋ねた。Nは面食らった。「なんのこと?」と問い、前日の経緯を聞いたのだ。Yが最初に電話をかけた時間、Nは確かに娘と共に自宅にいた。しかし、Nの記憶でも娘の記憶でも、電話は鳴っていなかった。ましてや受け答えなどしているはずがない。夕方は買い物に行ったので、留守だったかもしれないが。
「間違い電話しちゃったんじゃないの?」とNは言ったが、「いや、確かにあなたの声だった」とYは言うのだ。
 ふたりは、狐につままれたような気持ちだったそうだ。

 二度目は、娘が小学校に上がってからである。望んだことではないが、NはPTAの役員になった。
 ある日、同じく役員のOが、Nに電話をかけた。
「急なんだけど、明日の1時に、役員で集まることになったの。来られる?」
 Nは「うん、大丈夫よ。1時ね」と答えたそうだ。しかし、これもまた、Nはまったく知らなかった。顔を合わせたときに「来なかったね」と言われて、初めて経緯を知ったのだ。このときも「確かにあなたの声だった」と言われたそうだ。

 それから二十数年、三度目は、まだ無いそうだ。
 ただ、「どうもドッペルゲンガーがいるらしい」という思いが、頭の隅に今もあると言う。

 蝋燭三十四本目、吹き消します。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十三話 おかしなボール

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

 教習所へ通っていたころだから、二十歳くらいの話だ。教習所へ向かう途中に、バッティングセンターがあった。時間調整のためや、嫌な教官に当たってしまったときの憂さ晴らしに、私はときどき、ここに寄った。
 ある日のこと、私はいつものように、一番左のボックスに入った。野球は遊びや体育の授業(あれはソフトボールか)でやっただけだが、剣道をやっていたこともあってか、打撃はまずまずである。毎回同じようなスピードで、まっすぐ投げられる球なら、だいたい打ち返すことはできた。バッティングセンターでは、他人のバッティングを後ろで見ている人がたまにいるが、この日もふたり、そうした人が私を見ていた。
 何球目だったか。私の視界に、高くバウンドしているボールが映った。網で覆われたセンターの真ん中を、ゆっくり横切るように、ぽーん、ぽーんと跳ねている。
 一番右側のボックスの人が打ち損ねたボールだろう。そう思った。
 しかし、バットがどんな当たり方をしたら、ボールはこんなバウンドを見せるのか? 私は次の球を待ちながら、ぼんやり考えていた。右利きなので、左側の打席に立つ私からは、高くバウンドするボールがよく見えるのだ。
「……おかしい」
 私は心の中でつぶやいた。ボールのバウンドは、だんだん低くなっていくものだ。なのにあのボールは、同じ高さを保ちながら、少しずつ私のコースに近づいて来る。
 私のふたつ隣のボックス前を通過する辺りで、私は思った。
「あ、次に投げられるボールに当たるぞ」
 よそのボックスで打ち損ねたボールが、自分のボックスのボールにぶつかる確率は、どのくらいのものだろう? めったにないことに違いない。
 私の感は的中した。
 私に投げられたボールに、バウンドしてきたボールは当たった。真正面で当たった訳ではないのだが、ボールのコースをわずかに反らす程度の衝撃はあった。ほぼストライクで投げられるボールはコースを変え、私の顔目がけて飛んできた。
 先ほど書いたが、私には剣道の心得がある。動体視力は、そこそこ鍛えられていた。しかも「当たる」とわかっていたボールだ。充分に心構えもできていた。私はわずかに上体をゆらし、ボールを躱した。
 後ろで一部始終を見ていたふたりから「おおっ!」という声が上がったのを覚えている。
 しかし、避けられたからよかったものの、危険なボールであったことは間違いない。あのバウンドしていたボールは、どこから来たのだろう? なぜバウンドは低くなっていかなかったのだろう?
 私に投げられたボールに当たった後、あのボールがどこへ行ったのかまでは、さすがに追いきれなかった。

 三十三本目の蝋燭、吹き消します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村