第三十七話 会釈を返した母子

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

「もう20年以上前の話だけど……」と、Sは語り始めた。
 当時、音響の仕事をしていたSは、地方公演のスタッフとして全国いたるところに飛び回っていた。中でも広島には何度も訪れたそうだ。
 ある時、いつもの宿が取れず、数名のスタッフがホテルに泊まることになった。Sは役者Oと相部屋になった。相部屋とは言っても、その部屋は6畳間がふたつあったので、ゆったりできると、少し嬉しかったそうだ。
 その夜、仕事が終わり、いったん部屋に引き上げたSは、強い眠気に襲われた。そんなに疲れたわけでもないのだが、知らず知らず疲れが溜まっていたのかもしれない。少し横になることにした。
 ふと気がつくと、隣の部屋から人の気配がした。隣とは襖で隔てられるようになっていたが、襖は開いていた。そこに、ふたりの人影があった。どうやら、女性と子供のようである。母子だろうか? ふたりは正座をしていて、Sの方に体を向けていた。相部屋のOは、まだ戻って来てはいないようだった。
 たまに、スタッフが部屋に客を呼ぶことがある。母子で訪れるとなると、この辺りに住むOの親戚か友人だろう。さすがに寝たままでいるのはまずいとSは思った。しかし、強い眠気のため、満足に目を開けることもつらい状態だ。
 ともかく軽く会釈をした。すると母子も、会釈を返した。それで安心して、Sは眠りに落ちた。
 翌朝、Oに「昨日、部屋に誰か呼んだ?」と尋ねたが、誰も呼んでいないし、部屋に戻ったときには寝ているS以外、誰もいなかったと言う。
 Sに会釈を返したあの母子は、いったい誰だったのか? それはわからないままである。

 三十七本目、吹き消します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十六話 曾祖母の添い寝

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

 友人Aがまだ幼いころ、母方の曾祖母、つまりひいおばあさんが存命だった。高齢のため、多くを床で過ごしていたが、寝たきりというわけではなく、それなりに元気だったそうだ。
 ひいおばあさんは娘(Aのおばあさん)には厳しかったが、初孫であるAの母、そして初曾孫であるAを、とてもかわいがっていた。Aはおばあさんの家に行った夜は、ひいおばあさんの隣の部屋で寝ていた。AとAの母、そしてAの妹と、3人で床を並べてていたのだそうだ。襖を隔てた隣の部屋から、ひいおばあさんの子守歌が聞こえてきたと言うから、愛情の深さが伺える。無論Aも、そんなひいおばあさんが大好きだった。
 元気とは言っても、高齢である。Aと過ごす時間は、長くは続かない。ある日、大往生を遂げることとなる。
 ひいおばあさんが亡くなってからも、Aは母に連れられ、おばあさんの家にときどき泊まりに行っていた。
 ある夜、いつもの部屋で寝ていたAは、目を覚ました。けれど、体が動かない。苦しくはないが、ただ体が動かなかった。
 目は動かすことができるので、隣で寝ている母を見た。すると、母が寝ているはずのところに、ひいおばあさんが寝ていた――いや、母は確かにそこに寝ている。母とひいおばあさんが重なっているのだ。こちらを向いて寝息を立てる母に、白い靄のように透けて見えるひいおばあさんが重なっていた。
 けれどAは、少しも怖くなかったそうだ。
「あ、ひいおばあちゃんだ。ひいおばあちゃんが来たんだ」
 そう思っただけだった。
 Aのひいおばあさんが、溺愛した孫と曾孫に会いに来たのだろう。それは怪異と言うよりも、自然なことに思える。

 三十六本目の蝋燭を、吹き消します。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十五話 地方公演

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

 劇団を運営しているY夫妻から聞いた話。
 その日、Y夫妻は地方公演のため、劇団員と共に車で、とある劇場に向かっていた。
 途中、嫌なものを見た。事故現場である。山道にさしかかっており、車通りは少なくなっていた。ついスピードを出しすぎてしまったのか、一台の乗用車が電柱に突っ込んでしまっていた。車の前部はV字に凹み、電柱を抱き込んでいるように見えた。かなりのスピードで突っ込んだのだろう。
 事故が起きてから、まだそう時間はたっていないようだった。外にいる人のようすから、救急車待ちであることが、なんとなくうかがえた。
 Y夫妻も劇団員も、事故車の具合から「これは亡くなってるかも……」と思ったそうだ。
 劇場に着き、リハーサルを始める。Y夫妻は何も感じなかったが、霊感の強い劇団員は「なんか、ここ、ヤな感じがする……」と言っていたそうだ。確かに、霊感に縁のないY夫妻も、ラップ音らしき音は聞いたと言う。
 ともかく、リハーサルはなんとか無事に終了。迎えた本番も、特に問題なく進行していた。
 じつはこの時の演目には、主人公が幽霊に群がられるシーンがあった。もしかしたら、劇団員の言っていた「ヤな感じ」も、目撃した事故現場とこのシーンが重なって、そんな気がしただけかもしれない。
 だが、舞台袖からようすを見ていたY夫妻は、妙な違和感を覚えた。稽古は何度も見ているし、初めての演目でもない。だからこそ感じる違和感だった。
 主人公に群がる幽霊が、ひとり多い――


 舞台は無事に終わったが、あの場面でひとり多かったことを感じたのは、Y夫妻だけではなかった。しかし本番中のことで、誰もはっきりとは確認できていない。
「やっぱり、あの事故で亡くなった人がいて、ついて来てたのかな……?」
「もともとあの劇場にいる霊かも……」
 そんなことを囁きあったそうだが、真相はわからないままだ。

 吹き消す蝋燭は、これで三十五本となりました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十四話 電話回線のドッペルゲンガー

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

ドッペルゲンガー」とは、簡単に言えば「もうひとりの自分」である。「三回見ると死ぬ」などと囁かれることもあるが、真偽のほどは定かでない。
 同僚Nは、過去2回、もうひとりの自分を感じたことがあると言う。「見た」のではなく、もうひとりのNは、電話の向こう側にいるらしい。直接話したことはなく、知人が、もうひとりの自分と話したのだそうだ。
 一度目は、娘がまだ幼稚園に通っていたころだそうだ。ママ友のYはある日、N宅に電話をかけ、「娘さんと遊びにいらっしゃいよ」と声をかけたそうだ。Nは「じゃあ、2時に行くね」と答えたそうだ。しかし、約束の時間を過ぎてもNは来ない。夕方にもう一度電話をかけたが、留守だった。
 翌日Yは、Nに直接「昨日はどうしたの?」と尋ねた。Nは面食らった。「なんのこと?」と問い、前日の経緯を聞いたのだ。Yが最初に電話をかけた時間、Nは確かに娘と共に自宅にいた。しかし、Nの記憶でも娘の記憶でも、電話は鳴っていなかった。ましてや受け答えなどしているはずがない。夕方は買い物に行ったので、留守だったかもしれないが。
「間違い電話しちゃったんじゃないの?」とNは言ったが、「いや、確かにあなたの声だった」とYは言うのだ。
 ふたりは、狐につままれたような気持ちだったそうだ。

 二度目は、娘が小学校に上がってからである。望んだことではないが、NはPTAの役員になった。
 ある日、同じく役員のOが、Nに電話をかけた。
「急なんだけど、明日の1時に、役員で集まることになったの。来られる?」
 Nは「うん、大丈夫よ。1時ね」と答えたそうだ。しかし、これもまた、Nはまったく知らなかった。顔を合わせたときに「来なかったね」と言われて、初めて経緯を知ったのだ。このときも「確かにあなたの声だった」と言われたそうだ。

 それから二十数年、三度目は、まだ無いそうだ。
 ただ、「どうもドッペルゲンガーがいるらしい」という思いが、頭の隅に今もあると言う。

 蝋燭三十四本目、吹き消します。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十三話 おかしなボール

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain

 教習所へ通っていたころだから、二十歳くらいの話だ。教習所へ向かう途中に、バッティングセンターがあった。時間調整のためや、嫌な教官に当たってしまったときの憂さ晴らしに、私はときどき、ここに寄った。
 ある日のこと、私はいつものように、一番左のボックスに入った。野球は遊びや体育の授業(あれはソフトボールか)でやっただけだが、剣道をやっていたこともあってか、打撃はまずまずである。毎回同じようなスピードで、まっすぐ投げられる球なら、だいたい打ち返すことはできた。バッティングセンターでは、他人のバッティングを後ろで見ている人がたまにいるが、この日もふたり、そうした人が私を見ていた。
 何球目だったか。私の視界に、高くバウンドしているボールが映った。網で覆われたセンターの真ん中を、ゆっくり横切るように、ぽーん、ぽーんと跳ねている。
 一番右側のボックスの人が打ち損ねたボールだろう。そう思った。
 しかし、バットがどんな当たり方をしたら、ボールはこんなバウンドを見せるのか? 私は次の球を待ちながら、ぼんやり考えていた。右利きなので、左側の打席に立つ私からは、高くバウンドするボールがよく見えるのだ。
「……おかしい」
 私は心の中でつぶやいた。ボールのバウンドは、だんだん低くなっていくものだ。なのにあのボールは、同じ高さを保ちながら、少しずつ私のコースに近づいて来る。
 私のふたつ隣のボックス前を通過する辺りで、私は思った。
「あ、次に投げられるボールに当たるぞ」
 よそのボックスで打ち損ねたボールが、自分のボックスのボールにぶつかる確率は、どのくらいのものだろう? めったにないことに違いない。
 私の感は的中した。
 私に投げられたボールに、バウンドしてきたボールは当たった。真正面で当たった訳ではないのだが、ボールのコースをわずかに反らす程度の衝撃はあった。ほぼストライクで投げられるボールはコースを変え、私の顔目がけて飛んできた。
 先ほど書いたが、私には剣道の心得がある。動体視力は、そこそこ鍛えられていた。しかも「当たる」とわかっていたボールだ。充分に心構えもできていた。私はわずかに上体をゆらし、ボールを躱した。
 後ろで一部始終を見ていたふたりから「おおっ!」という声が上がったのを覚えている。
 しかし、避けられたからよかったものの、危険なボールであったことは間違いない。あのバウンドしていたボールは、どこから来たのだろう? なぜバウンドは低くなっていかなかったのだろう?
 私に投げられたボールに当たった後、あのボールがどこへ行ったのかまでは、さすがに追いきれなかった。

 三十三本目の蝋燭、吹き消します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十二話 賽の目

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain
 作家のT先生から聞いた話である。
 ちょっとした集まりで、知り合いのFが妙なことを言い出した。
「ぼくね、すごいことができるようになったんだよ」
 T先生のほかにふたりの人がいて、Fの話に耳を傾ける。
 Fは小さめのサイコロを4つと、湯飲みをひとつ取り出した。最初から皆に見せるつもりで用意してきたのだろう。
 Fは丁半博打のようにサイコロを湯飲みに入れ、テーブルの上に伏せる。そして滑らせるように、くるくると湯飲みを回した。湯飲みを開けると、サイコロの目はすべて赤い点、1である。何度やっても、すべて1が出る。しかし、ほかの人がやってみると、当然のことながら、目はばらばらだ。
 皆はFが、手品を習得したのだと思ったのだが、T先生は「なんだか嫌な予感がした」と言う。「この人、危ない」と思ったそうだ。
 それからいくらも経たないうちに、Fが精神を病んで入院してしまったと聞いたそうだ。
 賽の目をすべて1にする妙技が、それに関係しているかは定かでないが。

 三十二本目の蝋燭を、吹き消します。 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村

第三十一話 井戸の老婆

f:id:tsukumo9951:20200504133628j:plain
 友人IとFが福岡に住んでいたころの話だから、10年ほど前だろうか。
 暦の上では夏は過ぎたが、まだまだ暑い日のことである。ふたりは川沿いを車で移動していた。何度も通っている道だ。
 突然、運転をしていたFが悲鳴を上げた。古井戸の手前である。
 Iには見えなかったが、Fには見えた。古井戸から、老婆が出てきたのである。それだけでも異常だが、老婆の顔は、明らかに大きかった。そしてなにか叫んでいるようであった。
 Fは何度か、この世の者でない人を見た経験があった。
「危ない! 引きずられる!」
 咄嗟にそう感じたFは、老婆から視線を反らし、前だけを見ることに集中したそうだ。
 お彼岸の中日には、地獄の蓋が開くと言う。水の近くには近寄るな、と言う人もある。
 その日は、ちょうどお彼岸の中日だった。

 三十一本目の蝋燭、吹き消します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村